欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は6日、同業大手の仏ルノーに対する経営統合の提案を取り下げると発表した。ルノーの筆頭株主の仏政府が統合案に介入し、提案の実現が見通せないと判断したとみられる。両社の世界販売をあわせると約870万台規模。世界3位の自動車グループの発足をめざしていたが、統合案は白紙に戻ることになった。

朝日新聞:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000037-asahi-bus_all

 

欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とルノーの経営統合が話題となっていた。

 

経営統合が実現すれば、世界1位の販売台数を誇る大グループになるはずだった。

このニュースが出るまでは、ほぼ実現と言われていたが、結局は、ルノーの大株主である、フランス政府の介入により白紙撤回となった。

 

FCAは、フランス政府の介入が提案撤回になったと暗に批判している。

あわせて、日産には謝意を示した。

 

結構、話題のニュースでしたので、世間はどういう反応だったのか気になると、ネットの声を集めてみました。

 

ネットの声


1日前
この構図を見ただけで、いかにルノーがお荷物かと判る。

名無しさん
1日前
ルノー抜きの日産とフィアットが統合したらいいのではないでしょうか?

名無しさん
1日前
フィアットにとってフランス政府は目障りでしかない。
確か、はるか昔ミシュランが面倒見切れなくなって
フィアットにシトロエン株を売却+フィアット向けに
シトロエンが増資することによってシトロエンが傘下
になったのだが、その際もフランス政府が介入して
出資比率で過半数を超えないようにしていた。
結果的にはこれが功を奏して石油危機の際、フィアット
は上手く損切り(カダフィ大佐のおかげだが)できた。
今回のケースは表向きフィアット側の提案だが、水面下
ではルノー側のプッシュが凄かったからこそだと思う。
そういう中で、ルノーは日産とフランス政府を根回し
調整などである程度はやっているものと踏んでいたが
実際は、記事通りどころかルノー側は機能不全に近い
症状だったのではないだろうか。
それにしてもフィアットはいい迷惑だよね。

名無しさん
1日前
フランス政府の介入がある限りルノーは自動車業界で孤立する可能性がある。

名無しさん
1日前
日産と三菱が持ってる電気自動車技術と自動運転システムは何があっても外資の手に渡しちゃいけないよな〜

名無しさん
1日前
政府がここまで露骨に民間企業に介入するって、通常の資本主義では考えられない。
国の立場としては介入した民間企業の利益よりも国益を優先してくるわけで、民間企業とベクトルが合うわけない。
資本主義の経済活動を国策によって阻害するのは、半社会主義と言っても過言ではなくて。フランス政府は少し立場を考えられた方がいい。

名無しさん
17時間前
FCAとルノーの経営統合の件は以前からの件にも関わらず、突然白紙になったということは、ルノーと仏政府がつねに密接に連携しているわけでもなく、いっぽう仏政府は突然露骨に介入してくる構図を表していると思う。ようするに院政的存在なのだろう。
今回の件でルノーの経営自由度が著しく低い立場であることを表したと思うし、FCAもそれを痛感したから白紙に戻したのだろうと思う。ルノー自体が実は第三セクターのような存在に近い企業体と思われる中、ここまで自主的経営判断が困難であるとすれば、世界の国際競争市場の中で柔軟に対応していくことは難しいのではないかと思う。
それを俯瞰すれば日産とルノーの経営統合は仏政府がかなり強引に介入することも考えられると思う。日産の独自経営が失われれば市場競争なかで培われる技術力や生産基盤などを失いかねないので、日産を独立性を担保したうえで提携をしていくことが望まれていると思う。

名無しさん
1日前
日産はホッとしてるのかな。でも再編劇はまだまだ続きそうだ。

名無しさん
23時間前
統合のメリット、デメリット考えると統合しない方が正解かもしれません。
メリットは企業規模の拡大で、出荷台数の「見かけ上の増加」により資金繰りがよくなり、開発に多額の費用がかかるプラットフォームの開発力が上がるかもしれません。
でも、日産とルノーの関係を見ると、共助の関係というよりは、かつての白馬の王子さまも助けられた姫の方が収入が多くなり、半分養ってもらう形になっています。
また、プラットフォームの開発についても、日産、ルノー、双方の要求を満たすため複雑化し「作りたいクルマ」の開発が出来ていないように見えます。
二社でもそんな状態で、三つ巴という言葉もあるくらいで、三社ではどうなるだろうか。
それに、最近の統合は業績は足し算になっているだけで、その後の拡大が上手くいっていないように思います。
しかし、企業規模の拡大と経営者への報酬は比例して増大する傾向にあります。
メリットあるんだろうか。

名無しさん
1日前
日産、三菱をホンダが統合できれば日本の自動車産業は激変すると思うけれど、現実的ではないね。
フランスから2社をどうやって取り戻すべきか、日本政府にも真剣に考えてもらいたい。

名無しさん
23時間前
米国資本も混じってるから政府介入は許さないだろう。
フランスは西側でありながら社会主義国だからね。フランスの屋台を支える農業分野はそれで上手く回ると思うが、工業分野では競争原理がうまく働いていない。保護された分野からは画期的なアイデアが出て来ない。
日産は製造能力はある。アイデアも出る。でも世界規模で販売するネットワーク作りに関しては素人レベルだ。ルノーのネットワークから離れた場合、トヨタの販売力と競合しない地域を狙うしかない。日本勢が上位独占すれば妙な力が働くからね。自動車販売はモノの良し悪しより販売ネットワークの充実が勝負どころ。勿論、モノが良くユーザーニーズに合致すれば販売効率は上がる。でも国ごとにユーザーニーズを見つけるのも販売網の役割。

名無しさん
20時間前
ちょっと前になるが、国営企業であったエールフランスを民営化させた上でKLMの対等な合併は成功というより必然であった。同じEU圏内のルフトハンザの勢いが激しく、フラッグキャリアをも買収するやり方で、先の両社が合併しなければ大陸間輸送のシェアを完全に奪われるだけでなく、ドイツ系にフランスの空の自由を許していたであろう。
同じくして自動車産業もフィアットとルノーが対等に合併するのは歓迎すべきで、ドイツの自動車産業の売れ行きはいつも絶好調で輸出も旺盛とくればルノーの販売戦略はどうしても日産に頼らざるをえない上、このままでは輸出産業としては永久にドイツの背中を追う。
いいタイミングとは言わないがいい話だっただけに残念だ。
大戦でドイツに惨敗したフランス、連合国側についてたおかげで戦勝国扱いだが、フランスという国はいつもドイツに弱い。というか勝てない。

名無しさん
1日前
フランスは昔から国家が経済に対して強く介入する文化がありますから、フランス以外の国の企業からすれば必ず政治問題が絡んで来るので、提携を避けるのも当然だと思います。

名無しさん
23時間前
日産はFCAと統合するとアメリカ市場で競合するから、反対するのは当然だ。ルノーは統合すれば日産とクライスラーの工場の一つを閉鎖すれば発言力も強くなると考えたのだろう。ルノーもFCAも次世代の電気自動車では日産も加わってもらわないと完全な負け組になることを自覚しているようだね。

名無しさん
1日前
フランスはルノーを持っているが、フィアットはイタリアを持っている。

名無しさん
1日前
FCAも日産同様に半官半民のルノーに対するフランス政府の介入が度を越していると判断したのだろう。よい判断だ。
FCA・日産より生産台数,販売台数,利益が少ないルノーが仕切る問題ではない。そもそも新統合会社がFCAとルノーが50:50の統合とはおかしい,FCA:日産:ルノー=40:40:20が限度だ,日産には何のメリットもない。雇用はフランスにもっていかれるし,電気自動車技術もルノーにもっていかれる。
FCAと日産とで直にできないのかな,ルノーが筆頭株主だから難しいな!!

名無しさん
1日前
日産は一刻も早くルノーとの資本関係を見直したほうが良いと思う

名無しさん
1日前
そろそろ日産もルノーと袂を分かれ独自路線を歩んだ方がいい。他にも探せば良い企業があるはず。

名無しさん
1日前
フランス政府はルノーの価値を高めたいと思うしルノーが高価値だと思ってる(それは当然)。
けどルノーの市場価値はそんなに高くは無いのにそう思い込んでるのが問題。
全部くっついて販売台数が増えても今後事業の選択と集中をすれば販売台数は下がると思う。

名無しさん
1日前
会社の統合や会社のあり方に政府がとやかく言うのは問題なのではないか。
フランス政府は、自国のことしか考えていない本来の会社のあり方とは何なのか考えるべきだ。
会社の国有化は会社を悪い方へと導き兼ねない。

 

おすすめの記事