トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は29日、主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれている大阪市内で会談した。中国国営新華社通信によると、米中は新たな制裁・報復措置の発動を見合わせ、貿易戦争打開に向けた通商協議を再開することで同意した。

 トランプ氏は会談終了後、「すばらしい会談だった。協議は正常に戻る。両国は声明を出す」と述べた。

 米国が準備を進めていた中国製品に対する追加関税措置の発動は当面、見送られ、閣僚級による通商協議が再開される。

毎日新聞:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00000036-mai-int

 

このニュースを見て、世間はどのように反応したのかネットの声を集めてみました。

ネットの声


名無しさん
2時間前
安倍さんに多少は気遣い見せてくれたと思いたい。
トランプは気まぐれだから分からないけどね。

名無しさん
1時間前
今後に不安はあるけど、とりあえず最悪な結果にならないで良かった。今回の安部総理は頼もしく良い仕事をしたと思います。韓国以外とは良い関係である事も見てて思えた。

名無しさん
2時間前
このまま最終的かつ平和的な解決までスムーズに行くなんて思わないけど、
でも市場関係者をはじめとして「一服つける」とホッとしている人は少なくないんだろうな。
もっとも、
トランプの場合には何日もたたないうちに話をひっくり返しちゃうこともあるから
それこそ来週の東京株式市場が始まるまって実際に値上がりで引けるまでは安心できないよな。

名無しさん
1時間前
新たな制裁を課さないというのはこれ以上の悪化を避ける点では
ポジティブだけど、今までの関税は継続だろうし、それに中国にとって一番の問題のファーウェイについてはどうなのかな?
貿易摩擦と混同されているファーウェイ問題に関しては安全保障上のリスクである以上アメリカが譲歩するとも思わないし、
通商協議再開したとしても本当に折り合いがつくのかどうか。

名無しさん
1時間前
米中がG20において、通商会議再開で同意することは織り込み済みだったんでしょうね。
トランプも大統領選挙を控え、これ以上に追加関税は国内の関係団体の反発を受けるだろうし、中国も体制維持の根幹に関わる問題だけに、これ以上のチキンレースには耐えられないとの思惑もあっただろうね。
来週の株価は、すで織り込み済みと見なすか、それとも夏枯れ相場前の最後の買い場と、なるかのどちらかだろうね。
安倍さんは、開催国として面目躍如だったんじゃないかな。

名無しさん
1時間前
トランプはロシア会談でもそうだが公の場ではビジネススタイルでいく。これは彼が実業家の時もそうだ。問題はこのG20が終了した後が重要になってくる。間違いなくトランプは今後も中国を締め付ける。
そもそもこのG20は実質中国・ロシアの独裁国家を法治国家でどう監視していくかの会議です。イギリス・アメリカ・日本はここら辺をかなり意識していると思いますね。
いろんな専門家の先生方も同じような意見述べていましたが私も同じ意見です。

名無しさん
1時間前
5月に一度はまとまりかけた話を中国が破棄しているので
トランプが少し歩み寄った形だね。
まとまりかけていた話に戻さないと合意は無理だね。
米中貿易摩擦は知財と投資の話だからな。
米国は引かないと思います。
グーグル排除の時オバマがしっかり対応していれば
問題は起きなかったはずだ。

名無しさん
1時間前
G20で声明を出すためにアメリカが一時引いただけで何も解決していない。アメリカは今後中国に妥協しては覇権争いから脱落するので容赦する訳がない。中国の価値観が変わるまで合意などある訳がない。トランプが再選してもしなくても中国は折れるしか現状道がない。

名無しさん
51分前
米産業界の有識者会議であれだけ批判を浴びればね。。
トランプさんが再選するには今の経済の好調が維持されること
維持されれば再選の可能性も高くなるそうなので
大統領選も睨んだ戦略としてこうするより手はないでしょう

また
7月でアメリカは経済成長が過去最長になるらしいので
大統領選挙の格好なアピール内容でもあります

ここで関税を引き上げれば間違いなく最近怪しくなってきた
米指標にも悪影響がでてきます

FRBが金利引き下げを実施すれば
米経済界とトランプさんにとっても追い風なのですが
頑なに拒否しそうなので
そういった側面からもこうするより手はないでしょう

中国側は大統領選を鑑みてこの展開を読みきっていたと思いますよ
最終的な勝者はどちらになるのかわかりませんけど
今回は習さんに軍配かな


名無しさん
1分前
トランプもさすがにこのサミットでの米中激突、決裂は世界経済に大混乱を来すからそれは避けて議長国シンゾーの顔を立てたようだ
まあトランプの予定の行動だろう
でも核心の部分は先送りしただけで本質的には何も解決していない
でも問題が燻り続けている間は交渉期間だから露骨な報復合戦は勃発しないから未だましと言える
あとは結論をどのへんまで引っ張って時間稼ぎをして互いに納得はしなくてもウヤムヤの手打ちにしてしまうかだろう
トランプもいずれは次期大統領選でケツに火が付いて来るからいつまでもこの問題ばかりに関わってはいられないだろう
その点は習近平は共産党一党独裁で選挙の心配は要らないから時間稼ぎには都合がいいかも知れない

名無しさん
1時間前
つまり現状維持だから何も進展しなかっただけ。現状維持でも十分厳しい状況だからアメリカはゆっくり真綿で絞めていく作戦だね。選挙対策としても急に厳しくするのは得策ではない。ファーウェイの件も同じく現状維持は非常に厳しい状況。上手い戦略だと思います。

名無しさん
28分前
毎回、同じパターンですね。
どちらにもメンツがあるからそう簡単には公平な条約は結べないでしょう。
根本的に中国には民主制度がなく国際的なルール遵守意識も低いにので、このまま野放しにしていては危険だ。
これ以上、協議して平行線になるならば中国を本気で叩くしかない。
てか、早く叩き潰してほしい。

名無しさん
18分前
トランプの交渉方法は大体見えてきたね。最初にガーンと強い態度を見せてから徐々に相手に合わせ、譲歩したように見せかける。シナリオどうり。通商協議再開は大体予想できた結果で要は問題の先送り。どちらも面と向かって喧嘩はしない。どちらも大国なので覇権争いの解決には程遠い。

名無しさん
1時間前
協議再開で同意?。見方を変えれば、何の合意も得られなかった、とも最悪の追加関税は今すぐに発動はしないよ。つまり、何の成果も得られないに等しいように聞こえるんだが、言葉は難しいね、

名無しさん
2時間前
取り敢えず決裂しなくて良かった。

名無しさん
2時間前
株上がりそうやけど、持続性は無さそうでもある。

 

おすすめの記事