リニア新幹線 

リニア中央新幹線の2027年開業に向けて、JR東海は建設工事を進めている。そこへ静岡県が「待った」をかけた形になっている。ただし、静岡県はリニア中央新幹線に反対しているわけではない。大井川流域の水利と環境問題を解決してほしいだけだ

「中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書」によると、大井川の河川流量は工事完成後に毎秒2トンの減少と記された。

ITmediaビジネス:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00000027-zdn_mkt-bus_all

 

このニュースを見て、世間はどのように反応したのかネットの声を集めてみました。

ネットの声


名無しさん
1日前
「JR東海は誠意を見せなけれならない」まさにその通りだと思うけど、知事が環境問題だけで突っ張ってるんだったらいいけど、駅1つ分の補償金とか言い出すから話がおかしくなったんでしょう。
強請りたかりに見えなくもないからね!
どっちもプライドだけは高いから、落とし所が難しいでしょうね。

名無しさん
1日前
生活を守ることが重要というところで、補償の金額を出したら誤解を招くようなこと、ありますね。
でも、結局金かとなってしまったところで難しいけど、もともとの水資源の問題はきっちりと検討されるべき。
最初に言わずに問題になってから騒ぐと、お前ら反対しなかったとか難癖つけられる。

名無しさん
23時間前
大井川河口の吉田町からコメントします。
気象関係の方から指摘を受けたのですが、県はリニアが横断することによる流量の低下が流域の人々に与える影響を危惧しているのにも関わらず、なぜ瞬間的な大井川の総流量に関する数字が出してこないのか意味がわからないとのこと。
毎秒2トン減って、それが1日なら何トン、年間なら何トン減る、という数字は当然前提としてあったとして、大井川の水源は通過地点だけではないわけで、それが果たして大井川全体にもたらされる水量の何割を占めるのかわからなければ影響なんてわかるはずがない、というわけです。
中下流域に起こりうる洪水などを予測する場合でも、ある一地点に降った雨の量だけを見て答えを導いているようなものだし、10トンのうちの2トンと10億トンのうちの2トンではそもそも比較にもならないはずなんですが、その数字に関するデータを持っているはずの県がなぜか出してきていません。

名無しさん
1日前
静岡には何のメリットもないリニアなので、いつまでも許可出さなくても痛くも痒くもない。
だから何十年経っても許可なんか下りないよ。
東海は、リニア早く完成させたいなら、静岡を避けるルート造った方が完成は早い。

名無しさん
1日前
いっそのこと静岡の区間迂回して長野県と山梨県境あたりを通るルートに今からでも変えた方が良いのでは?

名無しさん
23時間前
大井川は上流のみが静岡市を流れているのだが、リニアが通る自治体(静岡市)と利水地域(静岡市以外)が異なっているのが問題を複雑にしている。
静岡市はリニアが通るだけでも恐らく何らかの利益があるのではないかと思う。
しかし大井川の水量が減ることによって影響を受けるのは静岡市以外のため、静岡市は他市町のことには興味が無いように思える。
今は県が対応しているが、当初、JR東海も推進派の静岡市としか実質的な話し合いをしていなかったのではないかと思う。
自然環境が絡む問題は県や自治体のくくりを外して考えるべきである。

名無しさん
23時間前
他のコメントにもあるけど、静岡県知事が環境問題に対する補償だけでなく、経済的補償も求めているからおかしくなる
JR東海の回答も中途半端で、経済的補償に対しては的を得た回答をしているけど、環境問題に対する補償に対しては回答していないのが問題
全くの素人から見たら、環境問題と絡めて、静岡県は金が欲しいだけと思われてもおかしくないし、そもそも、静岡に泊まるメリットなんかないと考えていると思う。

名無しさん
1日前
この際、静岡県は避けて迂回するルートを検討したほうが、合理的ではないでしょうか。工費は増加しますが、やむを得ません。その分は静岡県内の東海道新幹線や在来線での経費削減で補填していくことになるでしょう。

名無しさん
1日前
新東名でも、伊勢原市内の湧き水が枯渇した事例があるから、静岡県の場合二つ返事で許可すると、その後の影響は計り知れない。
そういった事例を踏まえ、ルートの再検討も必要であろう。

名無しさん
1日前
「ただし、その使い道は静岡県にとって経済復興ではなく自然復興のはずだ。」
違いますよ。
知事ははっきりと「自然復興のための代償措置」と、地域貢献(800億円?)は別だと言ったことが報じられていましたよ。
リニアが通過する他駅と相応の地域貢献を金で求める川勝知事の意思そのものの是非は置いておいて、憶測で記事を書くのは良くないですね。勉強不足。

名無しさん
17時間前
静岡県を通過しないルートに変更すべきだと思います。
日本の水資源は海外から狙われるほどの貴重な資源です、水道をひねれば出るのが当たり前だと思ってはいけません。
究極的にいうとリニアが無くても人は死にませんが、水が無ければ生存出来ません。

名無しさん
54分前
水資源には賦存という考えがあるので、大井川の水は利用の可否なく静岡県の潜在的な資源になります。
それが企業の活動で失われるのならば補填される必要があります。
なので、それ以前の県の政策がどうのこうのは関係ないと思います。
作る側が誰かの水利権を侵害しているというのが一番の問題です。
それに地下水はそのまま戻せるわけじゃなくて、水温、溶存酸素、その他重金属とか、色々と濁水処理が必要になります。それを誰が最後まで面倒見るんですか?というのが大きな問題です。
技術的には可能ですけど、仮にJR東海が潰れてリニアを閉塞します!となっても、その水は送り続けなければいけません。
どれだけの水が減るかは掘ってみなければわからないことですが、一度掘って問題が出れば、その面倒を非常に長い期間に渡って見つづけることになります。
行政という立場上、静岡県に英断しろと求めるのは無理筋だと思います。

名無しさん
23時間前
静岡県を通過しないルートに変更すべきです。

名無しさん
20時間前
確かに、川勝知事が主張しているとゴネているようにみえる。
ただ、中央新幹線建設工事における大井川水系の水資源の確保及び水質の保全等に関する中間意見書は読んでみるべき。
新東名の工事などと比較している人もいるが、新東名は水源・水脈に関していえばほとんど影響がないところを開発している。(山の自然そのものは破壊しているが)
元々静岡県は水資源が豊かな県。しかし苦い思いもしている(丹那トンネル工事に伴う水脈破断など)ので、
リニアのように直接的(東海道新幹線停車など間接的な効果は別問題)に地元に利益がないのに、水資源を危機にさらすかもしれない行為に慎重になるのは当然ではないだろうか。

名無しさん
2時間前
静岡県は単なる通過県でしかなく、なんのメリットも見いだせない中で水問題が出てきたのだ。
JRというのは、東海に限らず、他の新幹線工事でも数々の水問題を出してきた。それだけではなく、新幹線を作って在来線を切り捨てたうえ、その廃線となったトンネルなどをそのまま放置して片づけない。
公共交通機関の役割は、単に客を運んでいればいいというものではなくて、沿線の住民にそれなりのメリットももたらすようにしなければならないのだ。
JRは客のためにだけがすべてではないだろうことを承知しているはず。先々のことも配慮するように、ちゃんとしなさい。

名無しさん
23時間前
電車で渡ると、川には見えないよね。
この件もそうだし、長崎新幹線における佐賀県もそうだけど、うやむやにしてはいけない。まず開通ありきではなく、静岡では環境問題をしっかり、佐賀では筋を通した議論をしっかりやるべき。
交通の公共性は、地元の理解があって成り立つもの。

名無しさん
22時間前
なんだかんだ言っても静岡すっ飛ばしてにリニアの駅が無いのがそもそものグダる問題なんですよね
でもそんな山奥に駅があったところでって思うと、県民としては静岡空港に次ぐ意味ないじゃんの施設になりますわ

名無しさん
15時間前
静岡県では以前、水郷として知られた丹那盆地の鉄道トンネル工事の際に地下水の流出によって水源が枯れ、当地のワサビ栽培等の産業に多大な影響を受けたことがあります。丹那盆地ではその後、ワサビや水稲の栽培が出来なくなり、当時の鉄道省から保証を受け酪農に転じた歴史があります。そのような経緯もあるので知事の慎重な姿勢も理解できるかと思います。

名無しさん
4時間前
リニア建設予定地は非常に山深く、静岡市内から4時間かかるとニュースで言っていた。特に現場近くは落石もあるような危険な林道で、行くのが非常に困難とのこと。着工するのであれば事故が起こらないようその危険な林道の整備をするよう静岡県は前々からJRに提言しているが、JR側からは具体的な動きがないとも言っていた。
JRは多くの問題に対する解決策を出すことなく静岡県を批判するのであれば、もう静岡県を迂回することを考えてほしい。

名無しさん
21時間前
大井川の水は既に2つの田代ダム~東電発電所経由で山梨県側に放流されています。東電が発電用に取水する権利(水利権)の更新の際、県は使った水は大井川に戻すよう要求する事に熱心でなかったように思います。全量戻せと要求するならば、先に東電にしなければJRに足元を見抜かれてもやむを得ないと思いますが・・・?

 

おすすめの記事