ファッションセンターしまむら」などを展開するしまむらが、6月20日12時をもってファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」から退店した。

 しまむらは昨年7月に同社初のオンラインショップを同サイトに出店。オープンを記念して販売したコラボレーションウェアが「ダサかっこいい」と注目を集めた。

 今後は希望の店舗に商品を取り寄せることができる同社のアプリ「しまコレ」のサービス拡充に力を入れていくという。

fashionsnap.com:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00010000-fashions-life

 

このニュースを見て、世間はどのように反応したのかネットの声を集めてみました。

ネットの声


名無しさん
7時間前
しまむらの客層からすると、実店舗で購入する人が大多数を占めるのでは?

名無しさん
7時間前
なぜ出店したのかわからない。
そもそも出店する必要あったの?

名無しさん
7時間前
あんな成金社長の会社に利益を吸い上げられているのを見せつけられるとやってられないよね。

名無しさん
7時間前
そもそもしまむらの商品をわざわざZOZOTOWNで購入しようと思いません。しまむらさんは自分の所だけで十分やっていける力有ると思います。

名無しさん
7時間前
しまむらが出店している事自体知らなかったですけど、しまむらの場合は店舗経営の方が割に合っていると思いますけどね。

名無しさん
7時間前
そもそも、しまむらがゾゾに出店する意味があったのか? と思うが、、

名無しさん
7時間前
しまむらはZOZOTOWNに参入しなくとも成長できるでしょうね。
逆にZOZOTOWNに参入している事で手数料やZOZO独自の割引で価値が下がりますから。

名無しさん
6時間前
違うんだよ、しまむらというのは、実店舗に行く楽しさが他よりもあるんだな。まぁ、ネット通販に出遅れたというより、逆に実店舗の販売にこだわってくれた方が嬉しいけどな

名無しさん
7時間前
高い手数料を払うぐらいなら実店舗で割引セールした方が客の評判はいいだろ。高級ブランドじゃないんだから。

名無しさん
7時間前
しまむらの商品ラインナップとZOZOの顧客層が合わなかっただけでしょう。
一番売れたのが、しまむらの店舗写真をプリントしたTシャツだったらしいし。

名無しさん
5時間前
しまむらはとにかく安く、ZOZOはおしゃれ志向。初めからお互いに向いている方向が違うのではなかったのではないでしょうか。結果、あまり売れないし高い手数料を払ってきました。恐らく大赤字なのではないでしょうか。衣類業界も今では店舗ではなくスマホで買う時代で、それこそネット通販に出遅れれば致命的です。これはGAPにも言えました。ですが、しまむらもZOZOで蓄積したノウハウは少なくありません。その意味でも出店した事は意味があったでしょう。
楽天も一時期このように店舗が離れた事がありましたが、結局は通販の厳しさを知り、顧客数で圧倒的な大きさを誇る楽天に戻りました。
この先ZOZOを離れていく企業もいずれ戻ってくるかもしれません。そのためにも前澤社長はtwitterや宇宙旅行、彼女とのお付き合い、絵画集めなどバブル時のような遊びを自粛し、ZOZO事業に集中すべきです。三木谷さんを少しは見習うべきです。

名無しさん
7時間前
しまむらの店はときどき使います。自分の合うものを見つけてうれしい。地元密着で頑張って欲しい。

名無しさん
6時間前
今では『ZOZO=私腹を肥やした小さいオッサン』のイメージが強いんだよね。だからネームバリューのあるメーカー・販売店は、ZOZOなどを頼らずに自社でサービス展開を強化する方がイメージアップに繋がると思うだけに、今回の件はナイス判断だと拍手を送りたいですね。

名無しさん
6時間前
私はzozoで買い物を約1年前からやめました。独自のシステムで販売をしているそうですが、安いようで実はタイムセールで人を引き寄せておいて購入できない仕組みになっています。それをさすがに2回されたので買うのをやめました。人は買うと決めてしまうと、どうしても欲しくなる心理をついているのでしょうね。在庫が3以上だったのに安く購入したら後で在庫がないからとキャンセルされました。ですが、数日後に値段が戻っていて、在庫も沢山ありました。その商品は他のウエッブサイトでは完全売り切れ状態で、zozoのみ取り扱いをしていました。ですので、zozoで買うしかできなくなります。そうすると定価近くでも欲しい人は仕方がないから買うことになります。都合よくキャンセルを使うzozoは怪しい会社です。買わない方がいいと思います。購入者にもこの様な事を平気でするので、出店しているブランドにも無理難題言っていたと思う。

名無しさん
6時間前
正解。
しまむらのユーザーはネット購入に多くを望んでいない筈。
しまむらは実店舗で意外な商品を掘り起こす楽しみがあるからネット以上に店舗に出向いて購入する。
全部が全部ネットの時代と言う訳では無い。
そもそもZOZOに出店していた理由が分からない。
元々薄利多売の価格設定でマージン取られて、色々なブランド商品を見ながら自社の商品を選択させる手法もあるだろうが、ZOZOの取合いブランド減少傾向を考えれば、早期撤退が出来ただけ良かったと思う。
今後一層のZOZO離れは進むだろう。
各ブランドが単なるプラットフォームでしか無い事に気付き始めたから。
そして、ZOZO自体にプラットフォーム自体の優位性が無くなり続けているから。
利用者自体がゼロになる事は無いだろうが、取扱品目が減少傾向にあるZOZOに新規顧客取り込みの力は弱いと思う。
これからもジリ貧状態は続くでしょう。

名無しさん
5時間前
通販より、
店舗の売れ行きの良さそうなものをもっと増やして欲しい。
今はインスタとかでは見るけど
実店舗では売り切れてて幻の商品もある。
これ売れないだろ〜って物もう少し範囲を減らしても良いと思う。
安いのに更に値引きでも在庫残ってるのもある。
もっと優秀なバイヤー入れる事に力入れた方が良いかも!

名無しさん
7時間前
店舗に行って、見て、試着して買うのが楽しい。
掘り出し物があったり、他の店で品切れでも
隣町は値引きしてたりと宝さがし感もある。

名無しさん
7時間前
なぜしまむらがzozoに出店していたのか不思議に思いましたが、ちゃんと出店理由の記事がありましたね。
『しまむらの「ZOZOTOWN」出店は「自社EC展開を見据えノウハウを学ぶ」ため』

名無しさん
7時間前
しまむらからすれば、単純に実店舗を増やすだけでは、売上も頭打ちになる。
ZOZOに出店することで、一定の広告効果もあっただろうし、ZOZOの客層相手にどれだけ売れるかテストマーケティング的に試したのでしょう。
自社ECや実店舗誘導への市場刺激材料になったのであれば一定の効果があったといえます。
おすすめの記事