堺市内で見つかった細菌が世界の注目を集めている。ペットボトルを「食べる」性質があり、プラスチックごみ対策の切り札にしようと各国で研究が進んでいる。プラごみによる海洋汚染が国際的な問題となっており、プラごみ削減は今月末に大阪市で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議の主要テーマのひとつ。大阪発の細菌が世界規模の課題の救世主となるかもしれない。

この細菌は堺市内のペットボトルの処理工場で、京都工芸繊維大の小田耕平教授(現・名誉教授)らが見つけた。発見場所にちなんで、2005年に「イデオネラ・サカイエンシス」と学名がついた。

 その後、慶応大に在籍していた吉田昭介さん(現・奈良先端科学技術大学院大特任准教授)らの研究で、この細菌は特殊な2種類の酵素を出して、ペットボトルなどの素材として利用されているポリエチレンテレフタレート(PET)を分解し、栄養源としていることがわかった。厚さ0・2ミリのPETを、約1カ月で二酸化炭素と水にまで分解するという。

ロイター:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00000034-asahi-soci

このニュースを見て、世間はどのように反応したのかネットの声を集めてみました。

 ネットの声


名無しさん
6時間前
一か月と聞くと、そこそこ長いように感じますが、自然界のサイクルの中では早い方なんでしょうか。
まぁ、同じ量のペットボトルなら、細菌の量が増えれば増えるほど期間も短くなるのかもしれませんが…。
それと同時に、意図しない物まで分解しないかも気になるところです。…いや、それも含めての、今後の研究という事でしょうね。
何れにしても、役に立つ方向に向かう事を祈るばかりです。

名無しさん
5時間前
世界に貢献というのも美しくて良いが、日本がこれを活かして少しでも儲けて欲しい
というのはいやらしい考えでしょうか

名無しさん
7時間前
分解した後でこの細菌はどのような形態で存続するのかな…。
そもそも何故か堺市?
たまたま見つかったのが堺市?
メリットとデメリットを把握して上手く活用出来れば期待大!
しかしペットボトルを使用しなければ…。

名無しさん
1時間前
これと同じ細菌か分かりませんが、数ヶ月前にテレビでプラスチックを分解する細菌の話をしておりました。
最初は素直に自然界ってすごいなぁと思いましたが、それを紹介した教授の最後のコメントに恐怖をおぼえました。
「プラスチックゴミが自然界に出てくるようになったのはまだ数十年ほど。なのに自然界で歴史の浅いプラスチックを分解できる細菌がいるというのは驚異的なスピードで進化したから。
つまり、体に悪影響を与える細菌も、その凄まじい進化スピードにより、ワクチンが全く効かない固体が誕生する可能性があるということに危機感をもたなければいけない。」
セリフは違いますが、このようなニュアンスのコメントでした。
細菌はわたしたちに恩恵をもたらすこともありますが、決して完全な味方ではないことを忘れてはいけないのだと思います。

名無しさん
1時間前
ペットボトルに限らないが、
解決策を生み出す→先のことを考えずに実行→新たな問題が出る
これを繰り返し、今の環境問題につながった例がたくさんある気がする。
ペットボトルは分解してくれるかもしれないが、分解した後それを続けたことで、この先ほかの問題が出てこないのか、しっかり吟味する必要はあると思う。

名無しさん
1時間前
何か副作用があるのでは?奇跡のガスと言われたフロンガスはオゾン層を破壊するガスだったし加工に便利と言われたアスベストに至っては今や厄介ものとなってます。
細菌レベルで目に見えないからこそ恐ろしいものとならない事を祈ってます。

名無しさん
7時間前
こういう細菌もいるんだね。いつか進化して本当にむしゃむしゃ食べ始めたらそれはそれで怖いと思うけど。

名無しさん
4時間前
こういう地道な研究が、未来の発展に続くのだと思います。
役に立つかどうかなんて、未来にならなければ分からない。
日本ももっと研究にお金をかけるべきだと思う。

名無しさん
1時間前
細菌というのは、不思議なものだなペットボトルの沢山あるところに集まるのか、進化してペットボトルを栄養分にするのか、、、人間にプラスなだけではないが、計り知れない恩恵を受けているのも事実。将来微生物による分解工場ができれば凄い。出てきた二酸化炭素の固定化などの課題は残るが大きな進歩でしょう。

名無しさん
2時間前
まだ研究段階だと思うが、レジ袋廃止よりこの様な研究に手助けする方が良い。
もしくは、新素材の開発の手助けなど方法はある。

名無しさん
40分前
レジ袋がどうこう言う問題ではない事は皆さんご承知のはず
政府発動の有料化は先を見越しての事ではない事は明白で一つのパフォーマンスでしかない。
プラの代用はヘンプ由来の素材等70年代から存在しており最近では鉢など10年未満で消滅するものも存在している。
要は牛耳る石油利権から遠ざかるか否かと言う問題でしかない。
この記事による詳細は定かではないが活かせるものを活かせない政府に疑問を投じるのは私たちの急速な未来に直結した課題であることには間違いのない事です。

名無しさん
42分前
以前どこかでプラスチックを食べる細菌が発見されてと言うのを見たことがあるけど同類種なのかな?
ともあれ人類が生み出した最大の過ちとされるプラスチックを食べてくれるなんて救世主の何物でも無い。
この万物の世はどんな環境においても植物や生命体は適応進化と遂げて行く物なんですね。
ただ今回の細菌が本当に救世主になりゆるのか?食べるものがペットボトルだけではないと思うので、少々怖いとも感じざるを得ない。
本来プラスチックがなければ存在しなかったであろう細菌。
長い年月を掛けてこの星にダメージを与える存在にならなければよいのだけど。
今はただ、希望の光ですね。

名無しさん
7時間前
分解しやすいPETを企業や消費者が選択することが重要です

名無しさん
33分前
プラスチックは炭素と水素が結合しているから生物の栄養になって不思議はありません。
膨大なプラスチックが垂れ流しになりながら食べる生物は圧倒的に少ないので競争が少なく一気に繁殖してしまう可能性さえあります。
問題はプラスチックを食べる生物が繁殖したときの生態系への影響です。
変な毒を出して他の生物を死滅させたら元も子もありません。
堺市で見つかったなら自然界で繁殖していても不思議はありません。

名無しさん
1時間前
細菌を使っての処理は大きな問題になるほどは使われないとは思うけど
大規模に使われ出すと、その菌は大丈夫でも、その菌を食べるモノが増えすぎたりとかが怖いな。
あとは、ペットボトルとかストローとか買い物袋とか・・・を別の物でってのも良いのかもだけど、アルコール燃料の為にどんだけ森が焼かれて地下水が吸い上げられて、食料価格などに影響が出たかと思うと・・・

名無しさん
7時間前
自然界にプラスチックなんて無いと思うし、ここ何十年で進化した細菌なのかも。

名無しさん
37分前
PETを好んで食べてくれればいいですが、他に美味しい物があると食べないことがあります。
白色腐朽菌がダイオキシンを分解できると一時話題になりましたが、他に食べる物があればダイオキシンは食べず実用化には至っていません。

 

おすすめの記事